Soultone Cymbals

Soultone Japan

Soultone Cymbals はイスラエル出身の伝説のドラマー/パーカッショニスト、イキー・レビー(Iki Levy)によって2003年に設立されました。

イキー・レビーはトーマス・ドルビー(Thomas Dolby)、トレイシー・チャップマン(Tracy Chapman)、ミッジ・ユーロ(Midge Ure)、ポーラ・アブドゥル(Paula Abdul)、ドナ・サマー(Donna Summer)ドン・ワズ(Don Was)やディズニーのハイスクール・ミュージカル 1 and 2(原題:High School Musical)などのレコーディンに参加しています。

イキー・レビーはあらゆる音楽のジャンルやスタイルに対応したクオリティーサウンドをクリエイトする奏法で知られ、現在迄幅平広く活躍してるアーチストでもあります。

『業界で最も大きなシンバル製造会社の製品をエンドースしている時期があり、最高の楽器を自由に使う機会を与えられているのに、どのシンバルを使っても物足りなさを感じ、彼らのベストの製品からも満足のいくクオリティは得られなかった・・・』

この大手(メジャー)シンバル製造会社の製品の品質に対する不満が、イキー・レビーのSoultone Cymbals 設立のモティベーション(motivation)となり、従来のシンバルの質を超えた製品が生まれる引き金となりました。

Soultone Cymbalsの特質は、使用しているメタル素材の独自の配合です。このオリジナルブレンドによってSoulToneシンバルは、程良い重さと高い音質のバランスを得ることに成功しました。この特性がSoulToneシンバルと他社のシンバルと差を顕著にしている大きな理由です。

Soultone Cymbalsが完成した当初は、イキー・レビーの経営するロサンゼルスのドラムショップ、『Drum Connection』 のディスプレイで紹介されました。ドラムセットと共にお客様が自由に試奏出来るようにし、気に入れば注文をするという方式でしたが、その反響があまりにも大きく、生産が追いつかず自分の店の在庫をキープすることすら困難になっていました。

Soultone Cymbalsは常に120%の完成度、顧客満足度を目標として、1枚、1枚のシンバルをイキー・レビー自ら品質管理をし、完璧な製品以外は出荷しないと言うポリシーを貫いてきました。

Soultone Cymbalsはあらゆるスタイル、あらゆるサウンド、トラディショナルからモダンなスタイルまで、最小限の努力パフォーマーの望むままにクリエイトすることが可能です。自由自在に美しくリッチなサウンドを作り出すことが出来るので、ドラマーは飽くことなくプレイすることが出来ます。

Soultone Cymbalsの持つユニークな感触は、ステックへの反応が繊細なので、パフォーマンスの醍醐味を失うこと無く、より精密な音作りが可能になります。

「今日のビギナーは明日の達人」と信じるイキー・レビーは、創立以来、有名無名、プロアマに関係なく一人一人をアーティストとしてリスペクト(敬意)することをモットーに、同じアーチストして、最高のシンバルを作る事を貫いて来ました。

Soultone Cymbalsの違いは試奏して(叩いて)みれば必ず実感して頂けると信じます。

Soultone Cymbals(ソウルトーン・シンバル)はすべての音楽スタイルに対応するために作られた100%ハンドクラフトのトルコ(Turkish)シンバルです。

Maki Music Production, Inc. は米国’Soultone Cymbals’の日本市場の代理店です。

Soultone Cymbalsに関するお問い合せは下記にお願いいたします。

Soultone Cymbals
4846 Libbit Avenue, Encino, CA 91436
818-783-8058 (英語)
310-601-8304 (日本語)

www.soultonecymbals.com
www.facebook.com/pages/Soultone-Cymbals-Japan